生活のトラブル対処情報

離婚で弁護士を雇うなら実績重視

話し合いで離婚の合意が得られない場合は、早めに弁護士に相談するべきでしょう。もし相手側だけが相談していると、慰謝料などの条件が相手側に有利なように運んでしまいかねません。また、書類作成や準備の手間を考えれば、やはり専門家に依頼しておいたほうが無難です。弁護士を雇うときには、実績が多い事務所を探しましょう。それぞれの事務所によって得意な分野が違うので、離婚条件を有利にできるテクニックやノウハウを持っているかが重要なポイントになります。

離婚するなら弁護士に相談をしてから。
面会交流を再婚によって中断される。養育費がきちんと支払われないなどのトラブルが起こらない為に事前に対策を。